mikemoke blog

ビジネスに関心があるデータ解析系さらりーまん。データ解析・ビジネス・エンジニアリングについての知見を纏めています。

読書まとめ:世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント(読書・編集中)

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】

世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】

  • 作者: G.マイケルキャンベル,サニーベーカー,G.Michael Campbell,Sunny Baker,中嶋秀隆
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 10人 クリック: 65回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

お仕事でプロジェクトマネジメントっぽい役回りをしないといけなくなりそうなので、以前に買って積読していた物を引っ張り出してきました。今現在 第4版まで出ているそうですが勿体無いので、3版で我慢して読みます。

ここでは個人的に気づきのあった箇所を抜粋して書き残していこうかと思います。

目次

第1章 プロジェクトを戦略と成果に結びつける

プロジェクトの成功:時間、資源、成果、評価のバランス

有能なプロジェクトマネジャーは3つの要素の優先順位をしっかり把握しています。つまり、期限、予算、品質のうちどれが最重要かです。

昔こんなことがあったんですが、
社員「QCDのどれを優先すべきなんですか?」
偉い人「全部だ!QCD全てを同時に満たすのが君の役割だ!」

今思えば愉快な話ですが、これが鮮烈に記憶に残っており、これ以降"QCDに優先順位などない"と呪いのような思考停止状態になってました。よく考えたらちゃんとQCDの優先順位を考慮してマネジメントするべきですよね。そりゃそうだ。

第2章 プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーのリーダーとしての役割

対人関係の役割

プロジェクト内外の人間関係がギスギスしている状況を見たことがありますが、あれは地獄のようでしたね。コミュニケーションも助けあいも発生せず、プロジェクトが機能不全状態になってました。そうなる前にPMにうまい立ち回りが求められるってことでしょうか。

情報提供の役割

下への情報伝達ですが、チームが目的意識を持って動くために必要だと思いました。経営層がPJに対してどのように考えていてどういう風に動くべきか、当事者として考えられる機会と環境が提供できると思います。上への情報伝達については、上位者の後ろ盾があればPJは動きやすくなりますし、日頃からロビー活動的にインプットしておくべくだなと思います。

意思決定の役割

スコープクリープ(徐々に役割・作業が増える)で、当初たてた計画が破綻して何を目標に動くべきかわからなくなることはありました。PMは柔軟性が求められますが、それはあくまでもPJが破綻しない範囲での話して、Noという勇気が必要ですね。

有能なプロジェクトマネージャー7つの資質

プロジェクトへの情熱

リーダーがPJに対して情熱を持ってないと、下からすると「このPJ大丈夫か???」と不安になりますよねー。PJの目的とステークホルダーを明確にして、情熱を持ってプロジェクトを牽引すべきだなとは思います。

曖昧さへの耐性

PJメンバーのレポートラインが自分ではない誰か、という時には工数管理もケアも直接できずに、かなりやりづらかった記憶があります。耐性、ってことはひたすら耐えるしかない、ってことなんですかね。

チーム育成と交渉のスキル

変更管理能力

顧客第一の志向

ビジネスの優先課題の堅持

業界と技術の知識

(読書・編集中)